「貧困撲滅のための国際デー」に寄せて

一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムとフェアトレード専門ブランドのピープルツリーは共同で、「国際フェアトレード憲章」の和訳版を発表しました。

この憲章は、2018年9月25日、国際的なフェアトレードの二大ネットワークであるWFTO(世界フェアトレード機関)とFI(フェアトレード・インターナショナル)が共同で発表した”The International Fair Trade Charter”で、フェアトレードの価値観や活動の内容を解説したものです。

憲章ではフェアトレードをこのように説明しています。

「モノを作り取り引きする際に、経済的な利益よりも人と環境を優先するのがフェアトレードです」

「フェアトレード運動が共有する将来ビジョンは、正義、公正、持続可能な発展が貿易の仕組みや実践の中心に位置づけられることで、世界の誰もが自らの仕事によって人間らしい尊厳のある生活を維持し、自らの潜在能力を最大限に発揮できるような世界です」

今日10月17日は、「貧困撲滅のための国際デー」。

世界で8億の人びとが極貧にあえぎ、さらに多くの人びとがぎりぎりの生活を強いられている今、過去30年以上に渡って公正で持続可能な国際貿易の実現に取り組んできたフェアトレード運動の価値観や知識・経験が必要とされています。

貧困をなくすためのアクションを呼び掛けるこの日、ひとりでも多くの人がフェアトレードに参加するきっかけの日となるよう、フェアトレードの意味や意義を伝え発信する仲間になってください!

国際フェアトレード憲章の和訳版(PDF)はこちら

国際フェアトレード憲章の原文(英語)はこちらからダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA