日本では国内の6都市がフェアトレードタウンとして認定されています。そのほか、各地でタウン認定に向けての活動が行われています。各地の運動の詳細については、以下をご覧ください。

■ フェアトレードタウン認定の市・町

2011年6月4日、日本で1番目のフェアトレードタウンに認定

 

2015年9月19日、日本で2番目のフェアトレードタウンに認定

 

2016年7月16日、日本で3番目のフェアトレードタウンに認定

 

2017年9月19日、日本で4番目のフェアトレードタウンに認定

 

2019年 6月1日、日本で5番目のフェアトレードタウンに認定

 

2019年9月23日、日本で6番目のフェアトレードタウンに認定

 

■ フェアトレードタウン認定に向けて活動中

・垂井町(岐阜県)

フェアトレードタウン垂井推進委員会

・新潟市(新潟県)

にいがたフェアトレード推進委員会

・世田谷区(東京都)

フェアトレードタウン世田谷推進委員会

・館山市(千葉県)

館山フェアトレードタウン推進委員会

・千葉市(千葉県)

フェアトレードちば

・北九州市(福岡県)

北九州エシカル推進ネットワーク

・松江市(島根県)
松江・出雲をフェアトレードタウンにする会

・大府市(愛知県)

おおぶフェアトレードタウン推進委員会

・武蔵野市(東京都)

フェアトレードタウン武蔵野推進委員会

・苫小牧市(北海道)
フェアトレードタウン苫小牧推進会議(仮)

・石井町(徳島県)

・長野市(長野県)